最近、Netfiixなどのネットの動画配信サービスで視聴できる英語の海外ドラマ作品は数多く、日本でも人気が高いと言えます。

海外ドラマの視聴は、自宅にいながらリアルに生きた英語を学べる絶好の機会となります。

特に、英語の聞き取りとしてリスニング力の向上が期待でき、英会話の勉強やTOEICなどの資格対策としても有効です。

海外ドラマを初めて観る人にもおすすめできるドラマ6選をヒット作を中心に厳選しました。

はじめに 英語のドラマが英語学習に役立つ理由

はじめに、英語のドラマを観ることは英語学習におすすめの方法で、楽しみながら勉強ができます。

英語の海外ドラマを見るのが趣味な人も、初めて海外ドラマを見る人にもおすすめできる勉強法です。

リスニングの練習としてのインプット、実際英会話をするときのフレーズのストックとしてアウトプットの練習にも効果的です。

 

英語力アップにおすすめの理由としては、次のようなことが挙げられます。

英語をドラマで学ぶメリット
・ネイティブの自然な英語を聞けるから。

・英語の日常英会話の表現に慣れることができるから。

・海外の文化も知ることができて、英語学習のモチベーションが上がるから。

・ストーリーを楽しみながら、ストレスなく勉強ができるから。

英語のドラマは、留学や海外旅行をせずとも、日本にいながらネイティブの生きた英語を気軽に学べる手段なのです。

参考書では学べないような、ネイティブ同士の英会話に出てくる自然なフレーズを聞くことができます。

さらに、ドラマを通じて映し出させる海外の異文化や生活、社会の様子をリアルに知ることができ、楽しみながら新鮮な気持ちで、自然に英語を学べるでしょう。

机での勉強が苦痛に感じる人も、海外ドラマを観るだけの学習であれば、継続的に続けられるのではないでしょうか。

それでは、実際に初心者にもおすすめの英語の海外ドラマを6作品紹介していきます。

初心者にもおすすめできる英語の海外ドラマ10選

1.『フレンズ』

作品紹介

製作国 アメリカ合衆国
ジャンル シチュエーション・コメディ
放送年 1994年~2004年
長さ

1話20分

シーズン10まで、各24話ほど

まずおすすめしたいのが、英語の海外ドラマの王道中の王道とも言える、『フレンズ』です。

世界中でヒットし、日本でもかなりメジャーな海外ドラマです。

 

英語学習において初心者に特におすすめできる英語のレベル・ストーリーの内容で、英語学習者にも高く評価されている作品です。

アメリカでは1994年の放送からヒットし、10年に渡ってシリーズ10まで放送されました。

日本でも、過去にWOWWOWで放送されていたことがあります。

どんなドラマ?

ニューヨークを舞台に、6人の若者男女の生活・恋愛・仕事などの場面や人生観・価値観が描かれ、誰にとってもとっつきやすい内容となっています。

共同生活を送る登場人物たちがそれぞれの生まれや家庭環境・価値観・恋愛観を持っており、ストーリーを追うごとに人生で様々な局面に遭遇する展開に目が離せません。

現代人にとってホットなトピックの、同性愛・キャリアチェンジ・将来の夢などもよく描かれています。

シーズン10まであり、全体で話数は200話を超えます。

1話あたりの時間は20分と短いので、まずは英語に馴染みたいと思えば数話試しに見てみる価値のある作品となっています。

英語学習としてどう?

『フレンズ』の中で話される英語全体の難易度については、低めとされています。

アメリカでの日常生活が舞台となっているので、ドラマを通じて日常英会話に親しむことができます。

コメディ要素が強く、アメリカのリアルな日常生活が描かれていて、海外文化に興味が強い人は、ストーリーや描写も楽しみながら英語を学ぶことができます。

2.『セックス・アンド・ザ・シティ』

作品紹介

製作国 アメリカ合衆国
ジャンル ラブコメディ
放送年 1998年~2004年
長さ

1話30分

シーズン8まで、各10話前後~20話前後

続いては、こちらも王道の英語の海外ドラマで、日本でも知名度の高い『セックス・アンド・ザ・シティ』です。

タイトルの名前は聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

1998年から2004年に渡りアメリカで放送され、放送直後から人気を博し世界中で大ヒットした名作となっています。

前6シリーズとなっていますが、2021年にU-NEXTで続編となる『セックス・アンド・ザ・シティ新章』が配信されました。

古い名作と思われがちですが、近年でも新シリーズが再編されるくらい根強い人気を誇る作品です。

どんなドラマ?

ニューヨークを舞台に、それぞれの30代独身女性4人の恋愛と性をいきいきと描いています。

メインの登場人物たちはそれぞれ別の仕事をし、別の恋愛観があり人生を謳歌しています。

キャリアウーマンの登場人物たちの生き様にかっこいい!と共感する声も多くなっています。

登場人物たちが仕事に恋愛にたくましく生きる姿は、今でも多くの人を勇気づけています。

英語学習だけではなく、恋愛の教科書としても楽しみながら学ぶことができるでしょう。

日本社会の荒波の中で働く女性にとっても、ぜひおすすめしたい作品です。

英語学習としてどう?

『セックス・アンド・ザ・シティ』では、日常生活の英会話が聞け、英語学習初心者にも比較的学習しやすい内容となっています。

登場人物たちの会話で、使いまわしができるような決まり文句の英語が出てきます。

恋愛に関連した多いので、もし海外で生活するなら一度は使ってみたいような言い回しがたくさん出てきます。

恋人、友人など身近な人に対して質問したり、思いを伝えたり、リアルに使える生きた英語を作品の中で聞くことができるでしょう。

3.『まほうのレシピ』

作品紹介

製作国 アメリカ合衆国
ジャンル ファンタジー
放送年 2015年
長さ

1話25分前後

シーズン3まで、各13話ほど

『まほのレシピ』は、Amazonビデオにてアメリカで2015年から配信が開始され、人気を博した作品です。

2010年に出版された、アメリカの児童向け小説『Just Add Magic』を原作としています。

日本では現在Amazonプライムで視聴することができます。

年齢層は児童向けで、わくわくするようなファンタジー作品ですが、大人が見ても十分に楽しめる内容となっています。

英語の難易度的には低く、英語に自信がない・海外ドラマを初めて見る、という場合にはまず入門として最初に見ていただきたいドラマです。

どんなドラマ?

料理に関する魔法の物語ですが、主人公たちの日常生活を舞台にストーリーが進んでいきます。

主人公はアメリカのある街に住む中学生の少女で、自宅で発見した料理本のレシピにかけられている不思議な魔法を巡り、次々とその謎を解いていきます。

あるスパイスを使ってそのレシピで作った料理を食べることで声が出なくなったり、変身ができるようになったり魔法にかかってしまいます。

誰が問題を仕掛けたのか敵を探したり、ストーリーで真相が明かされていくごとに目が離せない展開となっています。

その傍ら、登場人物たちの家族や生活の環境の変化も描かれ、主人公たちと家族や周囲の人間との関係にも注目していきたい作品です。

英語学習としてどう?

本作は、英語や海外ドラマの初心者に一番おすすめできる作品です。

主要人物は中学生の少女たちで、中学生が話すような易しく基礎的な英語表現が多く、セリフの聞き取りもしやくなっています。

魔法のレシピがテーマとなっていますが、料理に関するシーンだけではなく登場人物たちの日常も進んでいきますので、難易度の低い日常英会話を学べるわけです。

学校の英語で習ったような基本的な文法を使った聞き覚えのあるような表現だ、というフレーズがいくつも出てきます。

ファンタジーものでストーリーも面白いのですが、『ハリー・ポッター』のような映画と比べ、ドラマで1話あたりの時間も短いのでストレスなく見進めることができるでしょう。

料理に関する簡単な単語、魔法にかけられてしまう場面などでストーリーも楽しみながら、とりあえずネイティブが英語を話す雰囲気に馴染みたい!と思えばトライしてみてはいかがでしょうか。

4.『ウェントワース女子刑務所』

作品紹介

製作国 オーストラリア
ジャンル ファンタジー
放送年 2013年~現在
長さ

1話45分

シーズン8まで(2022年現在)

続いて本作は、オーストラリアで放送されている『ウェントワース女子刑務所』という作品です。

昔オーストラリアで放送された『Prisoner: Cell Block H(英語版)』をリメイクしたもので、現在もシーズン8が放送中です。

同国で歴代最高視聴率を獲得したドラマですが、世界中でも人気が根強くイギリス版などのシリーズもあり各国で放送されていたこともあります。

日本でも放送されたことがあり、動画配信サービスでも視聴ができますが、Huluで海外ドラマランキングトップを獲得しています。

オーストラリアの作品のため、全体としてイギリス英語のオーストラリア訛りのある英語が話されています。

どんなドラマ?

『ウェントワース女子刑務所』というタイトル通り、刑務所の中を舞台に話が展開されます。

主婦であった主人公があるきっかけで刑務所に入ることになり、そこでの生活や次々と起こる受刑者同士の問題や事件が発生していきます。

日常生活とはかけ離れた物語ですが、ストーリー展開は惹き込まれる深さがあり、個性的な登場人物たちが多いです。

人間の弱い心情や争いについて詳細に描き、怖いと感じてしまう部分があるかもしれませんが、心に残るような名作となっています。

英語学習としてどう?

本作のようなオーストラリアの英語といえば、多くの日本人にとっては馴染みがないでしょう。

通常、日本の中学や高校・大学や英語教材で学ぶ英語はアメリカ英語の発音や文法が標準となっているので、イギリス英語やオーストラリアの英語は少し違うな、と感じるはずです。

しかし、TOEICやIELTSなどのリスニング対策としても聞きなれておいて損はありません。

刑務所が舞台の物語でリアルな会話として使える英語はあるのか?と思うかもしれませんが、人間の心情を描き日常生活で使える決まり文句のフレーズも本作品のセリフの中で多数確認することができます。

オーストラリア英語を聞ける海外ドラマは非常に少ないので、本作は英語教材としてもおすすめできます。

5.『ダウントン・アビー』

作品紹介

製作国 イギリス
ジャンル 時代劇
放送年 2010年
長さ

1話47-96分

52話

『ダウントン・アビー』は一風変わった作品で、2010年にイギリスで放送された、いわゆる時代劇のジャンルのドラマです。

主人公は貴族で彼と家族を取り巻く物語が展開、時代設定は20世紀前半です。

歴史や古風な物語が好きな人には特に楽しんでいただける作品となっています。

イギリス英語、さらに上流階級の英語というものを扱っている珍しい作品です。

どんなドラマ?

伝統や古いものを重んじるイギリスの社会の、貴族階級の世界観のストーリーです。

世界史の重要な出来事や第一次世界大戦もその時代を取り巻く出来事として取り扱われています。

その主要な世界史の出来事の中で、彼や家族が影響を受け、生活を送っていく様子が描かれています。

当時の社会情勢、貴族の家族や相続問題も描かれますが、なんといってもイギリスの古風な雰囲気が味わえる作品となっています。

英語学習としてどう?

本作では、貴族たちの会話で、洗練されたイギリスの上流階級の英語を聞くことができます。

イギリスは現代でもいまだに階級社会が染みついている文化であり、それぞれの家庭や個人の生まれや社会的地位・経済力などから上流・中流・下級の階級に分かれています。

上流階級とは王室や貴族が該当し、上流階級独特の発音や英語の言い回しが用いられていると言われています。

学校英語で聞きなれないような馴染みのないセリフ、単語も出てきますが全体的に話す英語のスピードはそれほど速いわけではありません。

ドラマの中で、世界史、社会の出来事に関する表現も学ぶことができます。

なんといってもその世界観が魅力的な作品なので、これぞイギリス文化!という雰囲気を味わいながら学習できるでしょう。

6.『Fleabag フリーバッグ』

作品紹介

製作国 イギリス
ジャンル コメディ
放送年 2016年~2019年
長さ

1話23分~28分ほど

シーズン2まで 各12話

本作は、イギリスで放送された赤裸々なコメディードラマで、英国のいくつかの賞を受賞したこともあります。

日本では、Amazonプライムで配信開始されており、視聴することができます。

ロンドンを舞台に、女性の日常生活が描かれた作品で、笑いあり・感動ありと話題のドラマです。

日本でも、主人公のリアルな心情に共感できる視聴者も多く、代表的なイギリス英語を勉強できる作品としてもおすすめです。

どんなドラマ?

ロンドンを舞台に、主人公の独身女性の恋愛・生活・家族関係・仕事についてを描きます。

一見主人公は恋愛も生活もだらしがなく、カフェ経営の仕事も上手くいかず、そんな主人公の心理を赤裸々に描いています。

コメディ調かと思いきや、家族との関係や死別などシリアスな話も多く、人生に関わる深い話となっていき、話が進むごとに感動できる要素が多い作品です。

主人公はどこか憎めない魅力があり、心情に共感できるという声も多数あります。

英語学習としてどう?

まずコメディ要素が初めから多く、入りとしては軽い感じでイギリス英語を聞くことができます。

日常生活に関する英語が聞けますが、スラングのような表現もよく出てきます。

比較的分かりやすく親しみやすい、イギリス英語ですが、話す英語のスピードとしては少々速いと感じるかもしれません。

気軽にイギリス英語に触れてみたい、ロンドンを舞台にしたイギリス文化を知りたい!と思えば特に楽しめる作品となっています。

まとめ

今や日本で配信されている英語の海外ドラマ作品は多いですが、日本のドラマとはまた違った構成、ストーリー展開、俳優たちの演技などの良さがあります。

英語学習としては、海外ドラマの視聴は英会話のプロからも勧められている勉強法です。

まずは自分が夢中になれるドラマを視聴をしてリスニングに慣れ、今度は登場人物のセリフを真似してみたりシャドーイングをしたりするのが効果的と言えるでしょう。

おすすめの記事