ドラマ「白い巨塔」を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介!

「白い巨塔」は2003年10月9日~2004年3月18日に放送されたドラマで、

原作は山崎豊子さんの同名小説で、4回目のリメイクとなります。

2000年以降のドラマとしては珍しく2クールとなっており、2003年10月9日~2003年12月11日、2004年1月8日~2004年3月18日の前半、後半の全21話構成となっています。

そんな「白い巨塔」を全話無料で見たいという方も多いのではないでしょうか?

この記事では「白い巨塔」を無料で観る方法をご紹介します。

\2週間無料お試し可能!/

目次

ドラマ「白い巨塔」を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介!

白い巨塔を動画配信サービスを使って、無料で視聴できるか調査をいたしました。
結論として、2021年10月現在、動画配信サービスの初回登録の特典を利用することで「白い巨塔」を無料視聴する方法がありました!
各動画配信サービスでの「白い巨塔」の配信状況を表にまとめましたのでご覧ください。

動画配信サービス 調査時点での配信状況 各サービスの特長

 

FODプレミアム 

2週間の無料お試し期間あり!
フジテレビ作品が見放題!

 

U-NEXT

× 見放題作品数No.1
初回登録で31日間無料お試し期間あり!

+600円分のポイントも貰える

 

Hulu

× 2週間の無料お試し期間あり!
ダウンロードしてオフラインでの視聴も可能!

TSUTAYA DISCAS

× DVD・CDの取り扱い作品数が国内最大級!
初回30日間の無料お試し期間あり!

 

ABEMAプレミアム

× 2週間の無料お試し期間あり!
限定作品も多数!

 

dTV

× 1ヶ月間の無料お試し期間あり!
月額550円で音楽ライブまで視聴可能!

 

Paravi

× 2週間の無料お試し期間あり!
人気ドラマのオリジナル版などParaviでしか見られない作品多数!

 

TELASA

× 15日間の無料お試し期間あり!
テレビ朝日の作品が多数見放題!

 

クランクイン!ビデオ

× 14日間の無料お試し期間あり!
毎月もらえるポイントで最新映画も視聴可能!

Netflix
× オリジナル作品など
Netflixでしか楽しめない作品が多数!

FODで「白い巨塔」を無料視聴しよう!

引用:FOD

FODはフジテレビ系列のドラマが見放題になります。

2週間の無料お試し期間がありますので、一度試してみてサービスを利用してみるのもいいかもしれません。

「白い巨塔」は1話のみ無料で見れるようになっており、1話だけなら会員登録は必要ありません!

2話以降は有料ですので、見る場合は会員登録が必要になってきます。

\2週間無料お試し可能!/

ドラマ「白い巨塔」の基本情報

こちらではドラマ「白い巨塔」について詳しくご紹介していきます。

引用:フジテレビ

テレビ局:フジテレビ
放送年:2003年
脚本:井上由美子
原作:山崎豊子
公式サイト
公式Twitter:なし

ドラマ「白い巨塔」は違法サイトなどで視聴可能?

動画共有サイトは危険!!

「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律」が,第201回通常国会において,令和2年6月5日に成立し,同年6月12日に令和2年法律第48号として公布されました。参照:文化庁

この法律では、海外の動画共有サイト上にある、権利元未承認の動画をダウンロード視聴すると、罰則の対象となることが決定しました。

動画共有サイトの注意点まとめ
  • 様々な広告が掲載されており、中にはウィルスなどの危険性をはらんでいるものも少なくない。
  • 広告など以前に、フィッシング詐欺やウイルス感染などサイト自体の安全性は保証されていない。
  • 「違法ダウンロード」は著作権など法的な処罰の対象となる。
  • アクセス間に仮想通貨のマイニングに使用される可能性がある。

上記のように、動画共有サイトを利用するデメリットはとても大きいです。
現在ではお家にいながらでも公式のルートで映像作品を視聴することが可能ですので、わざわざデメリットが大きい動画共有サイトでの視聴は絶対にしないようにしましょう。

公式サービスで視聴することのメリットまとめ
  • ウイルス感染、詐欺のリスクがない。
  • 完全に合法なので、安心して利用することができる。
  • 初回の登録で無料お試し期間がある。
  • 広告はなく、字幕、音声などは自分好みにカスタマイズ可能。

「ジクムビ」でも調査を行ったのですが「白い巨塔」の動画は
違法サイトでは視聴できませんでした。
もし、タイミングにより動画がアップされていたとしても、そちらを視聴することは違法行為となりますのでやめましょう。

ドラマ「白い巨塔」のキャストをご紹介!

こちらでは、「白い巨塔」に出演しているキャストをご紹介いたします。

白い巨塔のキャスト出演者情報

次にキャストと登場人物の詳細を紹介します。

・財前五郎役…唐沢寿明

・里見脩二役…江口洋介

・東貞蔵役…石坂浩二

・鵜飼良一役…伊藤雅刀

・大河内清作役…品川徹

・今津昭二役…山田明郷

など有名な俳優さんが出演されています。

ドラマ「白い巨塔」の主題歌情報

「白い巨塔」の主題歌はヘイリー・ウェステンラさんのアメージング・グレイスとなっております。

有名なアメージング・グレイスが主題歌となっています。

とても綺麗なイントロで心が洗われるような曲調が印象的です。

次に白い巨塔の簡単な見どころを紹介します。

\2週間無料お試し可能!/

ドラマ「白い巨塔」の注目ポイントはここ!

食道噴門癌の手術を得意とするのは、国立浪速大学第一外科助教授・財前五郎という男だった。

彼は次期教授を狙う野心に燃える男であった一方、財前の同窓である第一内科助教授・里見脩は患者を第一に考える研究一筋の男がいた。

対照的な二人の男はそれぞれ勤務する病院で名を馳せていた。

食道噴門癌の手術を得意する財前の元には著名人から全国から患者が集まってきていたが、同じ病院内に勤務する第一外科教授・東貞蔵は彼にあまりいい感情を抱いてはいなかった。

これは二人の対照的な人物を中心に病院の医局の腐敗について描かれた社会派ドラマである。

白い巨塔の注目ポイント①

何度もリメイクされてきた山崎豊子先生の「白い巨塔」

名前だけでも知っているという人もいるのではないでしょうか。

映画、ドラマ化など俳優陣を変えて何度も世に送り出されています。

2003年放送の今作は2クールと長めですが、その分面白さはかなり高いです。

視聴率は軒並み20パーセントを超えており、最終回は30パーセント台を叩きだした記録もあります。

日本のみならず中国や韓国でも放送されており、国内外でも大変人気の高いドラマとなっています。

白い巨塔の注目ポイント②

今作はフジテレビ開業45周年記念という名目で製作されています。

原作の設定は発売当時の1960年代を基準としていますが、医療の技術が進んだ結果、2000年当時の医療技術に重きを置いています。

2004年4月に助教授から准教授へと名称が変更されており、医局を舞台とした時代劇ドラマのラストでもあったと言われています。

これ以降の作品では准教授という言葉の方が馴染みやすくなっています。

\2週間無料お試し可能!/

ドラマ「白い巨塔」のあらすじをご紹介!

こちらでは、「白い巨塔」のあらすじをご紹介いたします。

白い巨塔1話 再読 あらすじ

浪速大学病院の手術室では鶴川大阪府知事の食道がんの手術が始まろうとしていた。第一外科の金井講師(奥田達士)や佃医局長(片岡孝太郎)らが緊張し忙しく立ち働いている。見学室には、鵜飼医学部長(伊武雅刀)、東第一外科教授(石坂浩二)、則内病院長(田中主将)もそろった。(以下略)
FOD引用

白い巨塔2話 贈り物 あらすじ

浪速大医学部助教授の外科医・財前五郎(唐沢寿明)は、医局員の柳原(伊藤英明)の論文をチェックしていた。柳原は貧しい家庭の出身で、同様の生い立ちでありながら一流の腕を持つ財前にあこがれを抱いていると言う。財前は笑って柳原を見送るが、「一緒にするな」と言い捨てるのであった。そして、気になっていた膵臓がん患者・小西みどり(河合美智子)のMRI画像を見つめた。(以下略)
FOD引用

白い巨塔3話 土下座 あらすじ

鵜飼医学部長(伊武雅刀)は、財前五郎(唐沢寿明)から贈られた油絵を「預かっておく」と微妙な言い回しで受け取り、その真意を明らかにすることはなかった。うろたえる財前が舅の又一(西田敏行)にそのことを報告すると、又一は「含みのあるいいセリフや」と笑い、財前をたしなめつつ地区医師会長の岩田(曾我廼家文童)を紹介した。岩田は鵜飼と浪速大の同期で、鵜飼の医学部長選の折、医師会をまとめ鵜飼部長実現に奔走したのだ。鵜飼にとっては面倒な恩人であった。岩田は、財前の教授選に関しても、医師会、ひいては自分の権益に繋がるとあって、財前の応援を約束した。
FOD引用

白い巨塔4話 落選 あらすじ

「ユー&アイ製薬」のやり手営業ウーマン・加奈子(木村多江)が、いつものように浪速大学に現れ、財前(唐沢寿明)や里見(江口洋介)に、新抗がん剤の売り込みをかけていた。財前は加奈子を振り切り、東(石坂浩二)の部屋に入った。部屋には関西財界の大物である大興建設社長・五十嵐(大林丈史)がすわっていた。五十嵐は、食道の腫瘍で東を介し、財前の手術を希望していた。いわゆる「特診」である。(以下略)
FOD引用

白い巨塔5話 祝宴 あらすじ

特診患者・五十嵐(大林丈史)の手術を成功させ、その報告のために東教授(石坂浩二)の部屋に入った財前五郎(唐沢寿明)は、見知らぬ男が座っていることを不審に思った。教授選を前にした東の態度に不信感を抱いていた財前は、不躾にその男に挨拶する。財前の感じた通り、男は東が自分の後継にと白羽の矢を立てた心臓外科の若き権威・石川大学助教授・菊川(沢村一樹)であった。(以下略)
FOD引用

白い巨塔6話 父の姿 あらすじ

浪速大学医学部教授会で第一外科教授の選考委員選びが行われていた。31票のうち最多数を獲得したのは、鵜飼部長(伊武雅刀)でも東教授(石坂浩二)でもなく、謹厳な学究派で知られる病理学の大河内教授(品川徹)であった。大河内は醜い学内の派閥争いや権力闘争に業を煮やし出馬表明したのであった。(以下略)
FOD引用

白い巨塔7話 毛嫌い あらすじ

財前五郎(唐沢寿明)は、ケイ子(黒木瞳)のマンションで、教授選考委員会の結果を待っていた。だが、佃医局長(片岡孝太郎)からの連絡は、教授選が財前推薦でまとまらず、大河内教授(品川徹)の発案で全国公募になったという予期せぬ結論であった。財前は動揺した。(以下略)
FOD引用

白い巨塔8話 決戦 あらすじ

「教授にはなりたくございません」…財前五郎(唐沢寿明)は、教授選考の大きな壁になっている大河内教授(品川徹)の琴線に触れようと、芝居掛かった直訴に及んだ。熱弁を振るう財前を、大河内は、相槌一つ打たず黙って見据えるだけである。と、そこへ里見(江口洋介)が入ってきた。(以下略)
FOD引用

白い巨塔9話 正念場 あらすじ

教授選投票を突然棄権するという東(石坂教授)の“奇行”で教授会は騒然となった。意図を図りかねるまま教授会は投票に進行した。財前(唐沢寿明)は、その“事件”を里見(江口洋介)が持ち込んできた食道がん患者・佐々木庸平(田山涼成)の診療中に、佃(片岡孝太郎)の連絡で知った。財前は、庸平を放り出し診察室を飛び出した。
(以下略)
FOD引用

白い巨塔10話 無常 あらすじ

財前(唐沢寿明)の手兵とも言うべき医局員たちの教授選辞退を求める「菊川直談判」という蛮行に、鵜飼(伊武雅刀)も不快感を隠さず、又一(西田敏行)らのいる夜の席で財前を問い詰めた。しかし、財前は諦めてはいなかった。「今さら困ります。支持すると言われたからこそ、舅は何千万も使った」と脅しとも取れる言葉を繰り出し、「不愉快だ」と立ち上がる鵜飼に、今度はすがりつき、さらに土下座し「どうかお助けください」と泣き落とす。(以下略)
FOD引用

白い巨塔11話 天国と地獄 あらすじ

年が明けた。第一外科の教授席には、夢をかなえた財前五郎(唐沢寿明)が威厳をたたえ充実した面持ちで座っている。第一外科はあっという間に財前体制に切り替わったのだ。財前は、ポーランドで開かれる国際外科医学会に招かれ、その準備に忙殺されていた。財前が執刀した患者の佐々木庸平(田山涼成)は、手術の成功を妻よし江(かたせ梨乃)や長男庸一(中村俊太)と喜んでいた。(以下略)
FOD引用

白い巨塔12話 捨て身 あらすじ

財前(唐沢寿明)がポーランド出張から空港に降り立つと、財前の執刀後亡くなった庸平(田山涼成)の息子・庸一(中村俊太)が現れ「あなたに殺された」となじる。財前が落ち着いて庸一をかわすと、空港の外には里見(江口洋介)が待ち受けていた。里見は、庸平の亡骸が大河内教授(品川徹)により病理解剖され、食道がん手術は完全に成功しているが、死因は術前から存在したとみられる肺がんの転移による「がん性リンパ管症のための呼吸不全」と断じられたことを伝えた。が、財前は全く相手にせず病院へ向かった。(以下略)
FOD引用

白い巨塔13話 カルテ改ざん あらすじ

佐々木よし江(かたせ梨乃)の「夫・庸平(田村涼成)が死んだのは財前(唐沢寿明)の診療ミスのせいだ。訴えるのを手伝って」という叫びにも似た依頼に動かされ、弁護士の関口(上川隆也)は浪速大病院に乗り込んだ。迎え撃つ財前は、うろたえることなく、佃(片岡孝太郎)と柳原(伊藤英明)にカルテだけを証拠として提示し、決して落ち着きを失わないよう指示を飛ばした。関口はこんな第一外科の意思統一によりなかなか思う通りの証拠集めができない。(以下略)
FOD引用

白い巨塔14話 母の涙 あらすじ

財前(唐沢寿明)の佐々木庸平(田山涼成)死亡に関する医療過誤を問う裁判が始まった。
 マスコミは病院に財前を待ち受け取材攻勢を掛ける。院内にも張り詰めた空気が漂い、財前はいつになく苛立つ。
 一方、家業を再開した佐々木家では弁当のキャンセルが相次ぎ、仕事を手伝う庸平の弟・信平(広川三憲)が「揉め事を起こす弁当屋の弁当なんか食わん。人が同情してくれると思うたら甘すぎる」とよし江(かたせ梨乃)と言い争いになっている。日程を知らせに来た関口弁護士(上川隆也)は「生活が変るのは覚悟して頑張ってくれ」とよし江を励ます。(以下略)
FOD引用

白い巨塔15話 判決 あらすじ

法廷ではよし江(かたせ梨乃)の尋問が始まった。国平弁護士(及川光博)は、金銭問題など感情面を刺激する冷酷な質問を重ね、よし江を心理的に追い込んでいく。よし江はその挑発に乗り「主人に謝って欲しいだけだ」と激昂してしまう。(以下略)
FOD引用

白い巨塔16話 妻たち あらすじ

原告側の証人に立った里見(江口洋介)は、関口(上川隆也)の問いに「がん転移のおそれを財前に伝え、精密な検査を勧めた」と証言した。一方、国平(及川光博)の反対尋問は苛烈を極め、「あなたの行動の根源には、個人的な嫉妬心があるのではないか」と問い詰める。だが、里見は落ち着いて「医師が競い合うのは患者のためであり、地位や名誉のためではない」と切り捨てた。裁判は問題の大きさから鑑定医の報告を受けた後、結審することとなった。(以下略)
FOD引用

 

白い巨塔17話 一年後 あらすじ

よし江(かたせ梨乃)と庸一(中村俊太)の執念は、関口(上川隆也)を動かし、とうとう財前(唐沢寿明)は控訴された。だが、国平(及川光博)は「新証拠か新証言がない限り裁判は維持できない。一人で何がやれるか思い知らせてやる」と平然としている。(以下略)
FOD引用

白い巨塔18話 師動く あらすじ

手術中の患者に庸平(田山涼成)の顔を見た財前(唐沢寿明)は手元を狂わし、大量出血に陥る。さらに手術用具を取り落としたり、血管縫合の糸が切れたりと、散々な手術は6時間を大きく超え、やっとのことで終了した。財前に何かが起きている、と、佃(片岡孝太郎)も金井(奥田達士)も柳原(伊藤英明)も感じた。(以下略)
FOD引用

白い巨塔19話 嘘だ!真実の叫び あらすじ

東(石坂浩二)は、自分の医師生命を賭して法廷に立った。国平(及川光博)は、財前との間に個人的憎しみなど確執があったゆえの出廷であるという言質を引き出そうと陰湿な尋問を重ねる。東は答えに窮しながらも「確かに確執はあった。だが、恨みに駆られて出て来た訳ではない。明日の医療に繋げるためだ。」と発言を。(以下略)
FOD引用

白い巨塔20話 最期の審判 あらすじ

「財前先生の発言は嘘だ。検査を申し出たのに却下されたんだ」。傍聴席の柳原(伊藤英明)の叫びに法廷は色めきたった。柳原は退廷させられたが、関口(上川隆也)は、即座に柳原の証人尋問を求めた。当然、国平(及川光博)は「責任回避の発作的発言に過ぎず、証言の必要なし」と応じ、猛反対する。裁判長(戸沢佑介)は、法廷秩序を守るという理由で、柳原の証言は認めなかった。(以下略)

FOD引用

白い巨塔21話 財前死す あらすじ

東(石坂浩二)は、恩讐の彼方で財前(唐沢寿明)の手術を始めた。だが、開胸した瞬間、東はじめ助手で入った金井(奥田達士)、佃(片岡孝太郎)らは息を飲んだ。がんはステージIどころか、播種を起こし、胸膜全体に広がっていたのだ。(以下略)
FOD引用

\2週間無料お試し可能!/

ドラマ「白い巨塔」関連作品について

白い巨塔はこれまで何度もリメイク映画・ドラマ化されています。

最初は1966年に公開された映画で、主演は田宮二郎さん

そのあとはドラマ化されています。

映画の翌年、1968年に初ドラマが放送され、主演は佐藤慶さん

1978年に放送された2回目のリメイクでの主演は1966年の主演と同じく、田宮二郎さん

1990年に放送された3回目は2夜連続ドラマで主演は村上弘明さん。

2003年に放送された4回目は唐沢寿明さん主演の今作。

2007年に放送されたドラマは日本ではなく韓国で放送されており、主演は韓国俳優のキム・ミョンミルさん。

2019年に放送された5回目は5夜連続ドラマで放送されており、主演は岡田准一さん。

さらにコミックス化もされており、こちらは2018年に発売されています。

全5巻となっており、内容の設定は現代テイストになっているため原作とは大きく異なっている部分もあります。

2018年当時の医療技術に重きを置いて描かれています。

ドラマ「白い巨塔」を動画配信サービスで観る方法まとめ

以上ドラマ「白い巨塔」を動画配信サービスで観る方法の調査結果でした。
今回の記事では様々な動画配信サービスをご紹介させていただきましたが、どの配信サービスにも特長があります。
作品数で選ぶ・見たい作品が配信されているかなどご自分にあった配信サービスを探してみて下さい。

\2週間無料お試し可能!/

    おすすめの記事